ネイルスクールや通信講座でネイリストに必要な素質を磨こう

専門的なスキルを身につける!主婦のためのネイルリスト資格講座

活躍できるネイリストになる!今のうちに知っておくべき将来性

ネイリスト

名古屋にあるネイルスクールや通信講座で学習して、いざネイリストとして活躍したいと思ったとき、将来性については気になるところです。そこでネイリスト業界の事情を見ていきましょう。

ネイリストの給料の差

未経験
ネイルスクールや通信講座で学んだ後、経験がない状態でサロンに採用されるときは、だいたいがアルバイトから始まることが多いようです。未経験ではまだ一人前のネイリストとして働くことができないわけです。正社員として採用されても、研修期間が設けられていることもあり、この期間中もアルバイト扱いになるところは多いでしょう。アルバイトから始める場合、時給制となり800~900円くらいが給料のラインです。正社員として採用された場合、だいたい17万~19万円が一般的な金額でしょう。
実務経験が1年
ネイルスクールや通信講座を修了した後、サロンで1年程度実務経験を積んでいる場合なら、給料は未経験の場合と違ってきます。ネイリストの場合、1年くらいの経験があれば即戦力として見てもらえるのです。アルバイトとして入った場合でも時給はおよそ1000~1300円となり、正社員として採用されたときにはおよそ21万~24万円の給料をもらえるのが一般的です。技術がものを言う業界ですから、実際に経験を積んでいるかいないかは大きな分かれ目になるわけです。

ネイルサロンで働く条件

ネイルサロンで働く際には、ある程度の条件を満たしていることが求められるでしょう。ネイルスクールや通信講座で学習しただけではなく、各種ネイリスト検定を受けて一定以上のランクに合格していることは重要です。サロンによっては、その資格を必須条件としているところもあります。資格がなくても募集しているサロンもありますが、やはり選択肢は少なくなるのです。働けるサロンを幅広く選ぶためには、資格取得はしておくに越したことはありません。

経験を積めば開業も可能

【A】自分でネイルサロンを開業した場合、売上を上げれば上げるほど収入もアップします。逆に、売上を上げられなければ収入は厳しくなってくるでしょう。自分の技術を見込んで通ってくれる常連のお客さんがたくさんつけば、収入も安定してくるはずです。サロンで経験を積んでいるうちに固定のお客さんが増えると、開業したときにも訪ねてくれる確率は高くなります。その他にも常連客をつけるために、いつも技術を磨いたり流行をキャッチしたりといった努力が必要となるでしょう。

就職支援を希望する

ネイリストとして活躍するには、まず就職先を見つけることから始まります。しかし、就職活動の時間をなかなか取ることができない人も多いかもしれません。そのようなときは、ネイルスクールや通信講座の中で、就職支援を行ってくれるところを選びましょう。サロン系列なら就職先をスムーズに紹介してもらえることもあります。どのような就職支援があるか事前に確認してみることをおすすめします。

ネイリストになる近道~学習中の自己鍛錬を怠らない~

名古屋のネイルスクールや通信講座で学習をしているときにも、自己鍛錬は不可欠です。ネイリストとして活躍するための近道として、必要なことを挙げていきます。

身に付けたい技

フレンチネイル
ネイルの技術の中でも基本的なもので、ネイルスクールや通信講座でも学ぶことが多い技術です。まず爪にベースとなる色を塗り、爪先により明るい色や目立つ色を乗せていきます。ベーシックなネイルであり、高い人気を誇る技術です。きれいなフレンチネイルを完成させるには、ベースの色が乾いてからマスキングテープを張り、爪先を塗っていくという技術が用いられます。
ストーンネイル
キラキラ光るストーンは、ネイルのポイントともなる上に立体感が出るため、宝石を爪に飾っているような見た目になります。これもネイルスクールや通信講座で基本的に学ぶ技術のひとつです。ベースのネイルが乾かないうちに、好きな場所に乗せていくのがポイントです。ストーンは立体で安定が悪いですから、完成したらジェルネイルを上から塗ってコーティングします。
3Dネイル
ストーンなどを使わずに、パウダーなどでチップに立体的な装飾を施すものです。上記2つと比べても高度な技術であり難しいものですが、習得すれば個性的で素敵なネイルが誕生するのです。技術を身に着けるためには、ネイルスクールや通信講座で高い技術を誇る講師に指導を受けるのがいいでしょう。これができるようになれば、ネイリストとしての腕を評価されます。

自宅での練習は必須

本番さながらの練習環境を作っていました。(30代/主婦)

ネイルスクールや通信講座で学習を重ねていましたが、自宅でもしっかり練習したいと思い、主人の部屋のスペースを借りてネイルサロンさながらの本格的な練習環境をそろえました。ネイルに必要な道具各種はもちろんのこと、腕を置くアームレストや、作業する手元を照らすLEDライトまでそろえてサロン気分です。本番に備えてタオルの準備も万端でした。

学校で教わったことを何度も練習しましたよ。(20代/ネイリスト)

私は通信講座ではなくネイルスクールに通っていたのですが、そこで教えてもらったことを自宅で復習するために、練習用ハンドを買ってそこにチップをつけて何度も練習していました。アクリルのミクスチュアで固定すると、ずれがなく安定してくれます。検定が近づいてきた頃には、友人と一緒にお互いの手を練習台にして復習し、最後に当日のモデルの人で実践してバッチリでした。

練習の場は自宅だけじゃない

ネイルの練習をする場所は、自宅以外にもあります。例えば、ボランティアで老人ホームなどの福祉施設に行ってお年寄りにネイルを施してあげる活動が挙げられます。高齢になっても、やはりおしゃれを楽しみたいという人は多いものです。そのような人にネイルをしてあげると、気持ちが若返り明るい表情になってくれるという話はよくあるのです。老人福祉施設では、このようにネイルやヘアメイクなどをお年寄りに施す機会を取り入れており、ネイリストが活動に参加することができるのです。

TOPボタン